千葉で最初に導入された超小型胃カメラ

胃カメラの機材が進化を遂げる一方で千葉では大腸内視鏡の検査にも新しい技術の投入を試みた。これは胃カメラの様に小型カメラを腸内に入れるのではなくCTスキャンで大腸内視鏡同様の様子を画像で表す方法だ。この方法は千葉でいち早く導入されてので何年か前に一時話題を呼んだ。ストレス時代は胃カメラ時代、胃カメラと同様人気の大腸内視鏡はそれだけ繊細な人間の臓器を証明したようなもである。千葉は都心から近いという事もあって、ベッドタウンも多く人口が年々増加しつつある。それもあってかどうかわからないが胃カメラや大腸内視鏡を受けられる病院が多く開設される傾向が千葉県内にはあるようだ。人口が増えれば増える病の数、今後千葉にはますます胃カメラ経験者、大腸内視鏡経験者が増えることであろう。胃カメラや大腸内視鏡の受診者が増えれば増えるほどその検査技師さんの技術のレベルは高くなるのも特徴的、千葉で検査を受ける人にとってはとてもありがたいことである。