酸化還元電位とは一体何か

みなさんは酸化還元電位という言葉を知っていますでしょうか。
普段あまり聞きなれない単語ですが実は私たちの健康に大きく関係している言葉なのです。
酸化還元電位とはその物質が、別の物質を酸化しやすい状態であるか、または還元しやすい状態にあるかを表す指標の事です。
プラスであればあるほど参加する力が強くなり、マイナスだと還元する力が強くなるのです。
それがどうして健康に関係しているのかというと人間の場合、体液や臓器は還元状態に位置しています。
そのため、参加状態のものを摂取した場合、臓器に負担をかけたり細胞が酸化しさびていってしまいます。
だからこそ、健康に気を使うなら、酸化状態の食べ物をなるべくとらないようにしなければなりません。
例を挙げると水道水は原水そのものが様々な化学物質で地球が参加状態になっている影響で酸性状態になりやすく、そのうえ薬品で消毒しているので水道水を口にするだけで細胞の酸化が進んだり、臓器に負担をかけたりします。
そのため、最近細胞を参加させず臓器に負担をかけない還元状態の水が人気を集めているのです。
自分の健康に気を使うためには、普段摂取している食べ物や飲み物にも気を使うべきだと思います。